ROBOMECH 2018@北九州

6月2日~6月5日北九州においてロボティクス・メカトロニクス講演会2018 (ROBOMECH2018 in KITAKYUSHU)が開催されました。本研究室から6名がポスターセッションを行いました。

ロボティクス・メカトロニクス講演会は、日本機構学会ロボティクス・メカトロニクス部門が主催する講演会です。今年で30回目を迎えます。

この講演会は先進的な研究成果の発表の場です。講演発表はすべてポスター形式で行うため、研究者と積極的に交流することが出来ました。今回の北九州大会でも、例年通り企業展示ブースもポスター講演もすべて同じ会場に配置されているので、参加者が講演発表と企業展示ブースを自由に見て回ることが出来ました。

20180605_IMG_3896

20180605-IMG_3854

20180605-IMG_3870

20180605-IMG_3848

20180605-IMG_3851


  • 沈雅怡 馬書根 冨田拓基 張国騰 田陽 加古川篤
    「偏心パドル機構を備えた全地形対応ロボットの開発」
  • 大塚貴丈 井上脩也 馬捷 加古川篤 馬書根
    「劣駆動型腱駆動アームを有する螺旋型円柱昇降ロボットの開発」
  • 張国騰 川端泰平 馬書根 加古川篤
    「誘電エラストマーアクチュエータで駆動するイモムシロボットの開発」
  • 大谷修生 加古川篤 馬書根 田陽
    「直列弾性把持きこう機構を有する配管外走行ロボットの段差走破性能および曲部走破性能に関する実験的研究」
  • 加古川篤 小紫由基 馬書根
    「影画像情報に基づく配管検査ロボットのエルボー管内自動走行システム」第2報:影の認識方法の改良および連続エルボー管での実験
  • 田陽 黄品翰 馬書根
    「配管追跡のため単眼カメラを用いた配管認識」直管の認識

アスターフォーラム2018@滋賀

6月1日に琵琶湖ホテルで”アスターフォーラム2018″が開催され、本研究室から7名が参加しました。

アスターフォーラムでは学生が研究発表を行い、自然科学系研究者とのネットワークを構築します。またこの催しは、ASTER法人会員同士のビジネスマッチングや現役学生と交流、学生・法人会員・研究者の三者がつながることができるのが特徴です。

IMAGE-20180601-4

IMAGE-20180601-1

IMAGE-20180601-3

ポスター発表が終わった後に、交流会が行われました。この交流会では企業の方と学生たちが同じ場で食事をとり、親睦を深めながらお互いの専門分野について語り合うことが出来たため、このような場が設けられていることもこのフォーラムの魅力の一つだと感じている学生が多かったようです。

IMAGE1-20180601-2


大谷 修生 M2

「直列弾性把持機構と劣駆動三角車輪を有する配管外走行ロボットの開発」

 

Qiu Zhe       D3

“A sensorless collision detection approach based on virtual contact points”

 

加古川 篤  助教

「生物知能機械学研究室」

 

海津 祐貴   M2

「引き込み動作を有する空気圧劣駆動グリッパーの開発」

 

岡 義倫       M2

「車軸と体軸に差動機構を有する連結車輪型管内移動ロボットの開発」

 

Zhang Guoteng    PD

“Caterpillar Robot Driven by Soft Actuators Based on Dielectric Elastomer”

 

Shen Yayi    D2

“A Wheel-paddle Integrated All-terrain Robot Based on Eccentric Paddle Mechanism”

 

バカゼミ2018!in グリーンパーク想い出の森

 

みなさんこんにちは!

5月26日 27日に滋賀県高島市グリーンパーク 想い出の森で毎年恒例「バカゼミ」をやってきました!!( ´∀` )

「バカゼミ」とは???

バカゼミは自分が気になったこと、知ってもらいたいことを理系っぽく研究し、みんなの前に面白おかしく発表しようという企画です。

まずバカゼミ初日、グリーンパークに行く途中には、道の駅 藤樹の里あどがわに昼ご飯を食べました!とても美味しかったです!( ´∀` )

バカゼミ2018💪💪_180601_0051

バカゼミ2018💪💪_180601_0105

想い出の森までの道中で、白髭神社に行ってきました!高島駅の南約2㎞にある神社です。湖中に朱塗りの大鳥居があり、国道161号線をはさんで社殿を立ちます。社名のとおり、延命長寿・長生きの神様として知られています。また、縁結び・学業成就・開運招福とすべての導きの神でもあります。水平線に浮かぶ沖島を背景に、湖中の鳥居を通して漁船が行きかう風景が美しいです。

バカゼミ2018💪💪_180601_0079

バカゼミ2018💪💪_180601_0096

今年のバカゼミもいろいろ面白いテーマがでているのですが、今年の優勝者は

一位 M2 森本さん 「世界を救うお茶」バカゼミ2018💪💪_180601_0003


二位 B4 小谷さん 「バカでもオセロで勝てるCPU」

バカゼミ2018💪💪_180601_0008

三位 M1 山田さん 「人の顔と名前を覚えよう」

バカゼミ2018💪💪_180601_0012

四位 M1 紀さん 「音楽おもちゃ」
バカゼミ2018💪💪_180601_0016

五位 B4 渕見さん 「誰の家にでもある物でいい感じのチョコミントは再現できるのか」

バカゼミ2018💪💪_180601_0019

発表が終わった後は、やはりBBQです!みんな食べたり、飲んだり、しゃべったり、大切な時間を過ごしました。

バカゼミ2018💪💪_180601_0133

バカゼミ2018💪💪_180601_0135

バカゼミ2018💪💪_180601_0138

そして、二日目です!

午前中にみんなはいくつかのチームを分けてドッジビーをやりました!

バカゼミ2018💪💪_180601_0124_0
午後はレクリエーションをやったり、笑ったり、みんなの絆がさらに深まりました!
こうして一泊二日のバカゼミ合宿が終わりました。みんなの仲を深める貴重な機会になりました。
来年も期待しております!

国際会議ICRA 2018@ブリスベン

2018年5月20日〜25日にオーストラリア・ブリスベンで開催されたThe 2018 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2018)にて加古川,仇が研究発表を行いました.

  • Atsushi Kakogawa, Soo Jeon, and Shugen Ma, Stiffness Design of a Resonance-Based Planar Snake Robot With Parallel Elastic Actuators
  • Zhe Qiu and Ryuta Ozawa, A Sensorless Collision Detection Approach Based on Virtual Contact Points

20180520-25_icra01

20180520-25_icra02

20180520-25_icra03

20180520-25_icra04

20180520-25_icra05

20180520-25_icra06

20180520-25_icra07

送別会

皆さんこんにちは、M1の冨田です.

論文提出も発表会も卒業式も終わり,それぞれの進路を歩み始めていくことになりました.そこで卒業生との別れを惜しんで,またその前途を祝して送別会が行われました.

シルバーのカードケースが1番かっこいい_180402_0011 新M2の方がお祝いとして名刺入れをプレゼント!この名刺入れ,趣向が凝らされていまして,なんと馬研のロゴが裏側にプリントされていました!!

この気配り,このセンス,見習いたいですね!

シルバーのカードケースが1番かっこいい_180402_0014さらにOBの松野さんが、卒業生全員にお祝いの品をプレゼントしてくれました.ありがとうございます!

シルバーのカードケースが1番かっこいい_180402_0002最後に全員で集合写真をパシャリ.

これからそれぞれの新生活が始まります.皆さん,頑張っていきましょう!

2018年度卒業式

皆さんこんにちは!無事M1になることができました、冨田です.

さて、3月22日に卒業式が行われました.

遂にこの日を迎えることができました.長いようで短かった,濃密な一年間だったように思います.

卒業式が終了した後,卒業生全員で集まって写真を取りました。皆良い笑顔ですね!

S__5652492

指導して下さった先生方,親身に話を聞いたりアドバイスをして下さった先輩,同輩諸氏,そして長年支えて下さった家族に対して,この場をお借りして感謝申し上げます.

本当にありがとうございました!

本研究室の配管内検査ロボットが日刊工業新聞で紹介されました

本研究室の配管内検査ロボットが日刊工業新聞で紹介されました.

配管調査ロボ、曲がる方向を自動識別 立命館大が開発(動画あり)
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00456900

歓迎会and忘年会 2017

はじめまして,B4の冨田です.

後期が始まったかと思えばもう12月。今年も残り少なくなり,焦燥感に駆られる時期となりました(泣)

そんな中,新しく研究室のメンバーとなるB3の子達と共に歓迎会兼忘年会を行いました.個性的でみんな面白い子達でした.来年の馬鹿ゼミは期待大でしょうか???楽しみですね.

お酒は言語や人間関係の壁を取り払ってくれると言われていますが,まさにその通りでした.みんなでワイワイ楽しく過ごす事ができました.このように一堂に会する機会は中々無いので大事にしたいですね.

これで後に残すところは論文提出,中間発表のみとなりました.皆さんへこたれずにがんばっていきましょう!

B3の子達はぜひ研究室に来てみてください.とっても優しい先輩が何時でも歓迎します(笑)

それでは皆さん,良いお年を.

20171221140618文責 冨田 拓基

馬書根教授がIEEEフェロー2018に選出

本研究室の馬教授がIEEE Fellow 2018に選出されました.

ieee_fellow_2

ieee_fellow_1

以下,本学ウェブサイトの記事を抜粋します.

—–

理工学部ロボティクス学科 馬書根教授は、このほどIEEEフェロー2018に選出されました。IEEEは、アメリカ合衆国に本部を置く電気工学・電子工学・情報通信技術の学会であり、世界160国に40万人超の会員を有しています。フェロー選定には当該の分野で著名な業績を挙げ、比類のない経験と知見を獲得したという点や、その業績が世の中の改革と進歩に役立ったという点が評価され、毎年会員の0.1%という、ごく限られた人数のみ、フェローへの昇格が認定されます。

馬教授はロボティクス分野において、“環境適応ロボットの設計と制御における貢献 (for contribution to the design and control of environment-adaptive robots)”が評価され、IEEEフェローに選出されました。

<馬教授のコメント>
一研究者として、IEEEフェローに選ばれて大変光栄です。このような名誉を頂けたのは私個人だけの力によるものでなく、優秀な学生達の日々の努力、スタッフの強力なサポート、皆様からの強い支持がなしではありえないことです。この場を借りて、御礼を申し上げます。

—–

記事の出典
http://www.ritsumei.ac.jp/news/detail/?id=925

IEEE公式ページ
http://www.ieee-ras.org/about-ras/latest-news/1168-2018-ieee-ras-fellow-class-announced
https://www.ieee.org/membership_services/membership/fellows/2018_elevated_fellows.pdf